2009年04月16日

1年生はじめての給食

 今日から1年生の給食が始まりました。1年生は今日の日をとても楽しみにしていました。配膳もとても上手にできました。 ぜひご家庭でも給食の時の様子を子どもさんから聞いてみてください。

 ちなみにメニューは、コッペパン、牛乳、五目焼きそば、ほうれん草の卵チーズあえ

 でした。

はじめての給食 003 はじめての給食 005 はじめての給食 006



posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 12:44| 福島 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5学年だより第2号

5学年だより第2号はこちらからご覧ください。5年だより2号082.pdf - 561.0 KB

posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 09:27| 福島 ☁| 第5学年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

校舎屋根修理

 休日、風の強い日に学校前の伊藤平男さんから「職員室上の屋根の方でバタバタと音がしています」と連絡をいただきました。 早速学校にきて現場を確認すると、トタンの一部がめくれて強風で揺れていたためでした。

 教育委員会に連絡を取り、すぐ修理しました。トタンを止めていた釘が数本取れていたのが原因で、 業者の方には他の個所も全て点検していただきスクリュー式のビスでとめなおしました。

 伊藤さんには、いつも休日や長期休業中、校舎を見守っていただき何かあるとすぐ連絡くださるので感謝しております。 本当にありがとうございます。

屋根修理 002

posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 08:56| 福島 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月号「拮槹」に本校児童の俳句が掲載

 小学校の部に掲載された俳句を紹介します。

 桜みていよいよ巣立つと思う今  吉田 葉月(現 中1)

 (評)これは葉月さんの卒業への思い、また、今までのいろいろな事を思い出し、なつかしんでもいるのでしょう。 桜を見ていてと言っているところにひかれました。芭蕉の句に「様々の事思ひ出す桜かな」がありますが、 葉月さんの句と通じるところがありますね。

 あと少しきれいな春はもうすぐだ  樽川 和広(4年)

 (評)春を「きれい」と言っています。春はいろいろな花が咲き、鳥も鳴き、家の外へ目が行きます。明るい春がやってきます。 そんな春が、もうすぐそこに来ているのです。

 さむいなひゆひうかぜがくる 佐藤 樹(4年)

 (評)心を打たれた一句です。寒さを体で実感しています。本質をとらえていると思います。「かぜがふく」ではなく「かぜがくる」 がよかったと思います。

 俳句

posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 08:38| 福島 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。