2009年11月14日

桔槹11月号に本校児童の俳句の作品が多数紹介されました

 俳句の作品を2回に分けて紹介します。 

うしがえる 水面にボコッと 顔を出す  6年 佐浦 俊祐

(評)うしがえるの形、様子が見えてきます。「ボコッ」とがうまいなあ。これは、うしがえるでなければこの表現は出なかったでしょう。

かぶとむし よるになると とんでいく  1年 佐藤 凌大

かぶとむし きみとすごした なつやすみ 1年 和田 歩海

うれしいな ふくろいっぱい くりひろい  2年 小林 利瑞

もみじがね 手のひらと同じ かたちだね 3年 渡辺 駿

秋がきて 田んぼのいねが 下を向く    3年 佐藤 愛喜

どこからか キンモクセイが ただようよ  3年 加藤 結

赤とんぼ いえのまわりに とまってる   4年 佐藤 樹 



posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 18:14| 福島 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。