2009年08月11日

第44回地区PTA研究大会

 9日(日)須賀川市文化センター大ホールにて研究大会が開催されました。本校からは、樽川孝二さん、樽川秀昭さん、和田秀夫さん、 深谷敏さん、校長、教務主任の兼子の計6名が参加しました。

 「子どもと親の変化に対応した放課後子どもプラン」の演題で、千葉大学教授 明石要一先生の講話を大変興味深く聞いた後、 6つの分科会にそれぞれが参加しました。

 本校は、「家庭教育分科会」の問題提起校になっており、PTA会長の樽川孝二さんが、 「子どもたちに豊かな心を育む教育の在り方について考えよう」のテーマのもと、@家庭・学校・ 地域との連携A今求められる父親の役割B思春期の子どもへの向き合い方の3つの視点について本校の取り組みを中心に発表をしました。(※ 問題提起の内容についてはブログで紹介しております)

地区P 002 地区P 003



posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 13:27| 福島 ☔| PTA活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。