2010年03月09日

校長雑感〜卒業式を目前にして

 「やさしさ」とは・・・こちらをご覧ください→やさしさ.pdf - 4.7 KB

posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 13:15| 福島 ☁| 校長あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

PTA全体会校長より「大変なことであっても取り組まなければならないこと」

 過日のPTA全体会での校長の話を掲載します。

 こちらからご覧下さい→PTA全体会.pdf - 97.8 KB

posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 09:25| 福島 ☁| 校長あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

2学期を終えて

 子ども達の生活からタテ社会が消え、ヨコ社会ばかりが多くなってきています。だからガキ大将がいなくなり「がまんする心」や 「思いやりの心」が育ちにくく、「わがままな心」ばかりが育っているのではと言われてきています。

 そこで、本校では、学校生活の中でもタテのつながりを持たせようと、タテ割りによる活動を多く取り入れています。

 1学期には清掃班など時々不平不満を担任に漏らしたりなど、バラバラの集団も見かけられました。班長に話を聞くと 「下級生が言うことを聞かないからだ」と言い、下級生は、「上級生が意地悪をするからだ」と訴えます。 それぞれに自分の立場からしかものを見ていないためだと思われます。

 2学期になって、どの班にもまとまりが見えてきました。下級生には上級生の大変さが分かってきたし、 上級生には下級生のところまでおりて、ものを見たり考えたりする余裕が出てきたためでしょう。

 何百日ものごたごたとした体験を積み重ねながら、タテのつながりの中でこそ育つ「がまんする心」や「思いやる心」 が育ってきているのでしょうか。

 朝の元気なあいさつと、明るく輝いて見える子ども達の表情が何よりもうれしい2学期でした。

 

posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 16:01| 福島 🌁| 校長あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。