2009年05月25日

家庭訪問と家庭訪門

 今日から本校では家庭訪問が始まります。全国的な話題になりますが、特に子どもの数が多いクラスでは、「家庭訪問」ではなく、 「家庭訪門」になってしまうのではないかという声を耳にします。忙しそうに玄関のところで立ち話をして、 時計にチラリチラリと目をやりながら、「時間ですから」と言って次の家に向わなければならないということです。 子どもの話をするゆとりもなく、「お宅の○○さんは頑張っています。心配いりません……」。これでは学級懇談会後の個人面談を、 家庭へ場所を移しただけのことになってしまいます。家におじゃますればつい話も長くなってしまいます。次々と予定の訪問時間は遅れ、 待っている家庭に迷惑をかけてしまいます。だからといって「いい子です。心配ありません。」 と玄関先だけで声をかけていくだけの家庭訪問では、どれだけの意味があるのでしょうか? ここにも目的を失った形だけの活動が行われていると言われても何の言い訳もできません。

 家庭訪問のねらいは、少なくとも、3つあると思います。1つは、どんな家族構成の中で、 どんな期待を寄せられながら子どもが育っているかを、担任の眼でしっかり確かめることです。いつも学校に来て下さる方以外の家族の人、 父親や祖父・祖母達の話を聞く機会でもあります。

 2つは、子どもがどんな所で遊び、学習しているかをしっかりと担任の眼でみてとる機会です。遊び場所は、交友関係は、 どこでどんな姿で宿題をしているのか、等見届けることはとても大切なことです。やれそうもないのに盛りだくさん宿題を出したり、 環境にあわないものを出したり、やってこないとただ感情的に子どもを叱ってしまうことになりかねないので…。

 3つめは、教師自身の社会勉強の機会となることだと思います。教師は、民間会社に勤めた経験のある教師が少ないです。 子ども達の家族は、学校以外の社会で生活している方がほとんどです。その生活の話、苦労話を聞くことによって視野が広がり、 ひいては授業を支える糧ともなります。

 家庭訪問のマイナス面ばかり心配するあまり、家庭訪問の本来の目的を失わないようにしていきたいと思います。



posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 14:42| 福島 ☀| 校長あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

校長 朝の会の話から 〜私が小学校の時の運動会〜

 全校朝の会で、小学校の頃の運動会の思い出話をしました。ここでは、子ども達に話したことに新たに追加して掲載します。

 学校は嫌いではありませんでしたが、たいして好きでもありませんでした。そんな私でしたが、 毎年運動会が近づくと下痢気味になりました。それは、いつも徒競争でビリ争いばかりしていたからです。 一般に運動会は楽しいもののはずとされていますが、私のようなものもいるわけです。そして、現実には、 私に近い子ども達がクラスに一人や二人はいたはずです。

 子どもの立場に立ってとか、子どもの気持ちを大切にとか、子ども一人ひとりを生かしてということが大切にされていますが、 数ある学校行事の中のたった一つの種目でのいやな思い出が、その人の心に50年間もくすぶり続けることを考えますと教育することの怖さ、 難しさを感ぜずにはいられません。

 

 挫折感を味わうことによって思いやりの心、あたたかい心が育つとか、苦しみを乗り越えてこそ大きな喜びが・・・ ・・・ といった考え方もあります。しかし、それはあくまでも実現可能なときにいえることであって、 いくら努力しようとしても到達できない子どもにとっては苦痛だけの何ものでもないのかもしれません。

 とすると、いろいろな子どもがいるんだということだけはいつも心にとどめて指導にあたらなければならないと思います。

 余談にはなりますが・・・。ちなみに私は、小学校最後の運動会。6年生のチャンスレース「障害物競争」 ではじめて1位でゴールしました。この種目は、スタートして最初、ロープで作成した知恵の輪を解いて、次、跳び箱や一本橋、そして、 ネットをくぐってゴールというようなものでした。実は、知恵の輪はこっそり観察、そして、 家で同じものをつくって何回も何回も練習して本番にのぞんだからです。今、その写真はどこかにいってしまいましたが、 玄関の前で1位の賞状を掲げてとった写真。ある期間それは、私の宝物でもありました。

posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 11:35| 福島 ☀| 校長あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

運動会 素晴らしいドラマやホットな場面を

 以前勤務していた学校での運動会の場面。1年生恒例の「魚つり」で、何組目かの女児のレースがスタートした。 魚をてぎわよく釣って一番早く走りだしたA子。となりのB子が気になったのか、一瞬後ろを振り返る。なかなか魚が釣れないB子。 それを見たA子は、B子のところに戻って足踏みしながら、B子が魚を釣り上げるのを待つ。その間におおよその子はゴールに向かっていました。

 ようやく魚を釣り上げたB子と顔を見合わせると、ニッコリと喜びの表情を見せて仲良く二人並んでゴールへ。 もちろんビリから数えた方が早い順位だったことはいうまでもありませんが、このときばかりは、心を洗われた感がしました。それにしても、 家に帰ってA子は両親や家族からどのように評価されたであろうか、そのことが気になってしかたありませんでした。

 子ども達は、いろいろな経験や体験を通しながら、それぞれに確かな物の見方や考え方、 判断力などを身につけていくのだということを考えると、目標をあまり絞り込まないで、 いろいろなモノサシを用意して教育にあたることが大事なのかもしれません。

 どんな素晴らしいドラマやホットな場面が見られるか、16日の運動会が楽しみです。

posted by 須賀川市立西袋第二小学校 at 13:47| 福島 🌁| 校長あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。